1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. 目・二重
  4. 二重手術「切開法」のよくあるご質問

よくあるご質問

目・二重のよくあるご質問

二重手術「切開法」に関するご質問

二重手術「切開法」手術時間はどれくらいですか?
当院の切開法は内部処理をしっかりしておりますので、手術時間は幅の確認やデザイン等を含め1時間程度です。30分程度の時間で切開法が終了するクリニックもあるようですが、内部処理が不十分な手術だと例え切開法でも取れる可能性があります。あまりに短い手術時間の切開法の場合は、適切な内部処理が行われているか確認した方が良いでしょう。
二重手術「切開法」術後の経過はどんな感じですか?
1日2日はジンジンとした軽い痛みがありますが、4・5日かけてなくなっていきます。腫れについては、1週間後はメイクでごまかして頂ける程度の腫れがあります。1ヶ月で90%完成でメイクをすればわからない程度、スッピンでもほぼ気にならないでしょう。細かいところまでいえば3ヶ月で100%完成となります。術後の注意点ですが、帰宅してから創部のクーリング(10-15分程度)をしていただければ、より腫れを抑える事が出来ます。翌日からシャワー浴が可能となります(体を温めすぎると腫れの原因になりますので浴槽への入浴は抜糸翌日からです)。水洗いでの洗顔も翌日からです。5日目で抜糸し、その翌日から石鹸での洗顔が可能となります。抜糸の翌々日(7日目)から創部のメイクが可能となりますので1週間程度の時間があれば、ご手術が可能です。もちろん、お体に負担がかかる手術ではございませんので、腫れていても気にしない患者様は手術翌日から普通の生活ができます。
二重手術「切開法」通院は頻回に必要でしょうか?
通常、術後の通院は、5日目の抜糸と、1か月、3か月の検診となります。1ヶ月3か月の検診は、術後の経過を見る検診となりますので、お住まいが遠方等の理由で通院が難しい場合は、手術日と抜糸の日の通院のみで行う事も可能です。
二重手術「切開法」手術の痛みはありますか?
はじめの局所麻酔のチクッとした痛みはありますが、その後は麻酔が効いていますので無痛で手術を受けて頂けます。万が一手術中に麻酔が切れかけて少しずつ痛みが出てくるような場合には、お伝えして頂ければ、速やかに麻酔の追加を行います。痛みで力が入ることも腫れの原因の一つとなりますので、我慢せずにお伝えください。
二重手術「切開法」手術後の痛みはありますか?
1日2日はジンジンとした軽い痛みがありますが、4・5日かけてなくなっていきます。 痛みの程度も鎮痛薬の服用で十分にコントロールが出来る範囲ですし、痛みどめを内服せずに全く問題ないとおっしゃる患者様も多いです。
二重手術「切開法」局所麻酔の痛みを抑える、笑気麻酔があるとき来ましたが、どれくらい痛みが取れますが?しているとすればどれ位の割合でしていますか?
笑気麻酔は効果に個人差がありますが、良く効く方は全く痛みを感じることはありませんが、痛みの半分を抑える程度の効果の患者様もいらっしゃいます。痛みが苦手の患者様にはお勧めの麻酔法です。切開法で笑気麻酔を使用されるのは半分程度の患者様です。
二重手術「切開法」切開法の腫れはどれくらいですか?人に会えない期間がどれくらい続くものですか?
1週間後はメイクでごまかして頂ける程度の腫れがあります。1ヶ月で90%完成でメイクをすればわからない程度、スッピンでもほぼ気にならないでしょう。細かいところまでいえば3ヶ月で100%完成となります。個人差はありますが、腫れが気になる間は濃い目のメイクで乗り切っていただいています。人に会えるようになる期間ですが、平均すると1週間程度の方が多いです。
二重手術「切開法」内出血はおきますか?起こった場合どれくらいでよくなりますか?
当院では出血を即座に止血し、放置したまま手術を勧めることはありません。そのため内出血の頻度は極めて低く、腫れも切開法といえども少なくて済みます。しかし、中には内出血が起こるケースもございます。その場合でも、患者様がご想像しているようなお岩さんみたいになることございません。経過は術後徐々に改善していき、1週間位には、メイクで隠せる位に改善していきます。その後10日前後で薄れて気にならなくなります。
二重手術「切開法」切開法は目玉に影響はありますか?
切開法は瞼の表から内部処理を行い、瞼の裏側には何も影響がない手術ですので、眼球に不都合が起きる事はございません。
二重手術「切開法」切開法は将来的に視力に問題が起こる事はありますか?
ありません。視力に関係する神経は視神経と言って眼球の裏から直接脳に向かって走っていますので、視力に影響を与える事はございません。また、瞼の裏側は何も操作しませんので、眼球の表面に問題が起こることもありません。確立された安全性の高い手術と言えます。
二重手術「切開法」切開法は二重が取れる可能性は無いとの事ですか本当にとれませんか?
他院さまで、切開法で手術されたけど取れたという方が、時々当院に来られますが、それはきちんとした内部処理がなされていないことが原因と思われます。内部処理がきちんとなされた手術であれば取れることは無く永久的な二重となります。しかし、患者様が術前に内部処理をしっかり行っているクリニックかどうかを判別するのは難しいでしょう。その場合は手術時間を目安にする事が出来ます。二重の手術で脂肪の処理を含めて内部処理をしっかり行うと、1時間程度の時間がかかります。30分程度の時間で両目のご手術が終わると説明を受けた場合は、内部処理が適切に行われない可能性がございます。なれていない医師が行う場合は適切な処理を行わずとも時間がかかるでしょうが、一定の目安にする事は出来ますのでご参考にしてください。
二重手術「切開法」以前埋没法で二重を作りましたが、とれるのではないかと不安で仕方がありません。切開法だと取れる心配はないですか?
当院の切開法は、内部処理をきちんと行うことを徹底しております。そのため、取れることは無く永久的な二重となります。同じようなご不安で以前埋没法をされた患者様で、切開法を希望する方も多くご来院されますのでご安心してください。
二重手術「切開法」腫れぼったい目をしていますが、埋没法ではダメと言われました。一般的に切開法の方がいいのでしょうか?
腫れぼったい目であっても埋没法で二重を作ることは可能です。しかしどのような目であっても、埋没法で作った二重は、薄れてきたり取れてしまったりする可能性があります。切開法は二重がうすれたり取れたりする心配はないので、そういった点では切開法の方が良いでしょう。手軽さを求めるのであれば埋没法、永続性を求めるのであれば切開法とお考えください。
二重手術「切開法」末広型を希望していますが、埋没法で自分の好きな形にすることはできますか?
一般に、狭い幅で二重を作ると末広型、広い幅で作ると平行型になります。そして、二重ラインの1点が決まれば自然にラインがその横に広がり、全体のラインが決まります。つまり、個人個人で作る事が出来る二重の形は決まっています。当院では自然にできるライン上での切開法を推奨しております。
二重手術「切開法」平行型を希望していますが、好きな形にすることができますか?
一般に、狭い幅で二重を作ると末広型、広い幅で作ると平行型になります。そして、二重ラインの1点が決まれば自然にラインがその横に広がり、全体のラインが決まります。つまり、個人個人で作る事が出来る二重の形は決まっています。当院では自然にできるライン上での切開法を推奨しております。
二重手術「切開法」どんな二重でもつくれますか
一般に、狭い幅で二重を作ると末広型、広い幅で作ると平行型になります。そして、二重ラインの1点が決まれば自然にラインがその横に広がり、全体のラインが決まります。つまり、個人個人で二重の形は決まっています。当院では自然にできるライン上での切開を推奨しております。あまりに限度を越した幅の広い二重を作った場合、一般的には不自然に見えたり、場合によっては目の開きが悪くなる可能性があるため、その様な場合は適切にアドバイスをさせて頂いております。
二重手術「切開法」アイプチをしてもうまく左右がそろいません。切開法をすれば左右差が無い目にする ことができますか?
二重の幅については自然に見える範囲で左右差を揃えます。ただ、目頭・目尻の形には、もともと持って生まれた個人差があり若干の左右差がある場合もあります。また目の開きについても左右差があることもあります。二重切開法は二重を作るための施術のため、幅の左右差はコントロール可能ですが、目頭・目尻の左右差や、目の開きの左右差などは調節できません。これらの部位の左右差の調節をご希望されるときは、目頭切開や目尻切開、眼瞼下垂手術など、他の手術が必要となる可能性もございます。カウンセリングに来て頂けると、実際にお顔を拝見させて頂いた上で詳しくお話しできますので、一度お話をお聞きにいらして下さい。
二重手術「切開法」昔から右眼と左眼の大きさが違います。切開法でそろえる事はできますか?
切開法は、二重の幅を合わせることはできますが、目の開きの強さを調節することはできません。右目と左目の大きさの違いの原因が目の開きの強さの場合は切開法でそろえる事が出来ず、眼瞼下垂のご手術が必要となる場合もございます。左右の大きさの原因が二重幅の差であれば合わせる事が出来ます。カウンセリングに来て頂ければどのような原因で左右差が起きているのかを判別できますので、是非一度ご来院されてお顔を拝見させて頂ければと思います。
二重手術「切開法」アトピーで眼の周りがかぶれています。そんな目に切開法をして大丈夫でしょうか?
施術自体を行うことは可能です。ただし、皮膚炎がある場合、皮膚自体が硬く変化しているため、施術前のシュミレーションを正確にすることが困難な場合もございます。そのため、手術を行い皮膚炎が落ち着くと多少の誤差が出現する可能性があります。そのことをご了解の上で施術をお受けいただければ手術自体は問題ありません。
二重手術「切開法」アレルギーのため目がかゆくなる事が多く、よくこすってしまいます。そんな人でも切開法なら取れないとききました。本当でしょうか?
埋没法の場合、こする癖がある方は取れる可能性が上がると言われていますが、切開法の場合、二重の仕組みを内部からつくることができます。そのため、きっちりと二重の食い込みを維持させることができ、二重が取れることはありません。
二重手術「切開法」人に絶対にばれたくありません。手術した後に人にばれる事はありますか?
切開法は埋没法と比べるとはやり腫れます。7日前後でメイクが可能となりますが、その時はまだ腫れが残っているのでメイクで隠していただいています。そのため、はじめの腫れている時期は、人から見て分かる可能性があります。その後、腫れが引くのは1か月で90%、3か月で100%のといった経過となります。個人差はありますが、気になる間はメイクで乗り切っていただいています。また傷についてですが、眼の上の傷は非常にきれいに治るため、3か月の頃には殆ど分からなくなります。当院では切開法であっても腫れを少なくする様々な工夫や、傷口がより早期に目立たなくなるように適切な内部処理を行っておりますので、手術の痕が極端に目立つことはございません。
二重手術「切開法」コンタクトレンズはいつからつけられますか?
コンタクトの使用は抜糸後より使用して頂けます。
二重手術「切開法」洗顔はいつからできますか?
水洗いの洗顔は、翌日から可能です。ただし創部を触らないように注ぐ程度でお願いしています。洗剤を付けての洗顔は抜糸の翌日より可能となります。
二重手術「切開法」お化粧はいつからできますか?
創部にするお化粧は抜糸の翌々日から可能です。それ以外の部位のメイクは当日からして頂いても構いません。
二重手術「切開法」エクステはいつからできますか?
創部の安静が必要であるため可能であれば1か月くらいは空けた方が良いでしょう。
二重手術「切開法」付け睫毛はいつからできますか?
創部にするお化粧は抜糸の翌々日から可能です。
二重手術「切開法」アルコールはいつから飲めますか?
血行が良くなると腫れが増しますので、飲酒されますと腫れの程度が強くなったり、期間が長くなる可能性があります。アルコールを飲んでいただくことは可能ですが、基本的に腫れのある間は控えて頂くようお願いしております。
二重手術「切開法」逆まつげが治ると聞きましたが本当ですか?
逆まつ毛の原因はいろいろとあります。その中で、上瞼の余剰皮膚がまつ毛を抑えて眼球に当たっているものについては、二重を作る事で睫毛を押さえつけていた皮膚を持ち上げる効果があり、改善が期待できます。しかし、もともと睫毛の生え方が下向きのものや、バラバラに生えている状態(睫毛乱生)のものは二重を作ったとしても改善が期待できません。それらを改善するには別の手術が必要となります。実際にお顔を拝見させていただいた上でのシミュレーションを行えば、改善可能かどうかの判断ができますのでぜひ一度ご来院ください。
二重手術「切開法」当日手術はできますか?
ご希望の日の混み具合にもよりますが、待ち時間を了承の上では可能な時もございます。ご予約時に事前にご確認ください。
二重手術「切開法」未成年なのですが、手術に両親の同意は必要ですか?
20歳未満は保護者の同意が必要です。カウンセリングの予約に関してもご保護者からのお電話が必要となります。カウンセリングの際も可能であれば保護者の同席が最良です。どうしても保護者様がカウンセリングに来院出来ない場合は、必ず保護者様の承諾書+電話による手術説明が必要となります。電話にて手術内容、ダウンタイム、金額を保護者様へお伝えし、保護者様の承諾が得られてから手術を受ける事が可能となります。
二重手術「切開法」アートメイクをしていますが、影響はありますか?
手術自体は問題なくおこなえます。術後に、目の縁のアートメイクの見え方が変わり、若干の雰囲気の変化は生じる場合はありますので、カウンセリング時のシミュレーションでしっかりとお目もとを確認いただいてご手術をしていただいております。
二重手術「切開法」切開法で作った二重を広げる事はできますか?
広くすることは全く問題なく行えます。
二重手術「切開法」切開法で作った二重を狭めることはできますか?
切開法のメリットは、強力な固定で取れない二重ができる事です。これを狭くするには、切開に準じた手術が再び必要となります。手術の結果が確実ではないことが問題点としてあります。
二重手術「切開法」切開法で作った二重を元に戻すことはできますか?
切開法のメリットは、強力な固定で取れない二重ができる事です。これを元に戻すには、切開に準じた手術が再び必要となります。手術の結果が確実ではないことが問題点としてあります。
二重手術「切開法」傷口は目立ちますか?時々凸凹している方を見かけますが、皆そうなりますか?
術後3か月くらいは赤みがありますが、その後はほとんど分からなくなります。凸凹に関しては、手術時の内部処理や縫い方に問題があると起きます。当院では適切な内部処理を行う事により凸凹になる方はおられません。
二重手術「切開法」内部処理って何ですか?通常の切開法ではどこのクリニックでもしているのですか?
二重の出来る仕組みは、皮膚と目を開ける筋肉(挙筋腱膜)が繋がっていることで、目を開けると同時に皮膚が引き込まれ、二重のラインができるというものです。この仕組みを手術で作るのが切開法です。皮膚と筋肉の間に不要な組織がある場合は確実な二重ができません。簡単に言うと、この不要な組織をしっかりと処理することを内部処理と言います。どのような処理を行っているかはクリニックにより随分と差があります。内部処理が不十分だと切開法であっても取れる可能性があります。内部処理をほとんど行わないクリニックもありますのでカウンセリングの段階で質問をするなどをして、内部処理がしっかり行われているクリニックを選ぶ必要があります。
二重手術「切開法」他院で手術時間は20分程度と言われました。水の森美容外科ではなぜ1時間程度かかるのですか?
しっかりと内部処理を行い、永久的に続く確実な二重を作っています。そのため手術の時間も1時間ほど頂いております。どんなに熟練の医師でも、しっかりとした内部処理を行う二重切開法を20分で行う事は不可能と言えます。20分程度で手術が完了するというクリニックは、適切な内部処理は行われていないでしょう。
二重手術「切開法」他院で二重切開の手術をしましたが、取れてしまいました。切開法をしたのになぜとれるのですか?
切開法の手術は瞼を切開するだけで完成ではありません。瞼の内部で二重の仕組みを作り上げて初めて、取れない二重瞼が完成します。二重の仕組みを作るためには、内部処理を行う事が必要不可欠となります。この内部処理がきちんとなされていないと、切開法でも取れてしまう可能性があります。前回のご手術では内部処理が適切に行われていない可能性がございます。当院ではそのような事がないように内部処理を行う事を徹底しておりますので、ご安心ください。
二重手術「切開法」部分切開法と全切開法どちらが良いですか?
部分切開法は切開を行う術式で、埋没法と違い切開法の一種です。全切開法の傷口を小さくしたものと言えます。全切開法であれば内部の処理をきちんと行えますが、部分切開法ではこの内部処理が限られた範囲しか施行できません。そのため、全切開と比べて確実性に乏しいと言えます。腫れについても全切開法より術野が小さいため出血が起こった時に止血にとまどり、逆に腫れが強くなることもあります。全切開法と比べて傷の長さが少ないという点では優れているように聞こえますが、切開部とそうでない所の食い込みの程度が違い、不自然さが出る場合があります。もともと上まぶたの傷は綺麗に治る部位でもありますので、全切開か部分切開かの傷の長さは将来的には気になりません。それでも傷を気にされる場合は、部分切開法と言う選択より埋没法を選んでいただくのが最良です。当院で切開法は、確実性を重視して全切開法を採用しております。
二重手術「切開法」他院で二重切開に加えて眼窩脂肪や隔膜前脂肪(ROOF)を取った方が良いと言われ、高額な料金になりました。眼窩脂肪や隔膜前脂肪は取った方が良いのですか?もし水の森美容外科で眼窩脂肪や隔膜前脂肪を取ると料金は変わるのですか?
料金は変わりません。脂肪を取った方が良いケースでは適宜脂肪を取っておりますが、脂肪を取った方が良いか切除しない方が良いかは切開をしてみないとはっきりとはわかりません。瞼が厚ぼったくても筋肉や皮膚が厚く脂肪が少ない場合もございますし、厚ぼったさがない目でも多量に脂肪があり切除した方が良い場合もあります。少なくとも、瞼の厚みの原因を手術前に判別する事は出来ないはずです。手術中や手術後に料金が加算されるクリニックは論外ですが、切開法の施術で術前に脂肪除去の有無によって料金が変わることは誠実さに欠けると言えます。
二重手術「切開法」切開法をした友達が最初よりも幅が狭くなったと言っていたのですが、切開法でも狭くなることがあるのですか?
術後の腫れが完全に引く3か月頃までは、二重が広く見えているのは通常の経過です。その間は、術前に設定したラインになるまで、徐々に狭くなっていくように感じる方もおられるかもしれません。ただ、それは最終的に、術前にしたシミュレーションに通りに落ち着く過程です。こういった腫れではなく、本当に狭くなった場合は、内部処理が不十分であったための作成した二重ラインの消失し、もともとのラインに戻った可能性もあります。当院ではしっかりとした内部処理を行っておりますが、ほとんど内部処理を行わないクリニックもあるようです。また、切開後の歳月が随分と経って加齢性の皮膚のタルミが起こった場合、二重の上にたるんだ皮膚が被さって、見かけ上の二重が狭くなる事がありますが、これは元々二重の方同様に数十年の経過で徐々に起きる事ですので、数か月といった期間で起きる事はございません。
二重手術「切開法」現在埋没法で二重になっているのですが、近々切開法を考えています。埋没法の糸を抜く必要はありますか?
現在の埋没法での幅で切開法を行いたい場合や今より広い幅を作成したい場合には、埋没法の糸を抜く必要はございません。二重を作る過程で支障をきたす糸は手術中に適宜抜糸させて頂いております。どうしても抜糸をしてほしいとのご希望がある場合はお伝え頂ければ抜糸させて頂きます。現在の幅よりも狭い幅の作成をご希望される場合は、施術前に抜糸が必要になります。抜糸をせずに施術を行うと、シミュレーションができず大きな左右差の原因になります。抜糸をしたのち完全に浮腫みが引いて、二重のシミュレーションを行い切開法の施術を行います。