1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 名古屋院副院長 西川陽平の診療日記
  4. 目を大きくする方法

目を大きくする方法

日々のカウンセリングの中で、お顔に関して最も多くの患者様からご相談頂く内容は、目元に関する事です。お顔の印象を変えたいと考えたとき、目に関する施術が最も有効であるケースが非常に多いです。目元のイメージが、可愛い、クール、優しい、知的などその方のお顔全体の印象と直結しています。中でも圧倒的に、「目を大きくする方法」に関して皆さんご興味があるようです。
ご来院されるときには患者様ご自身でこの施術をやりたいというものがすでに決まっていることが多いのですが、時には「目の印象を良くするために自分に向いている方法はありますか?」、「なんとなく目力をアップさせたいけど、何をして良いかわからない」と漠然としたご相談を受けることがあります。

今回は、これといってやりたい施術が決まっているわけではないけど、「目を大きくする方法」を知りたい、という方の参考になればと思い筆をとりました。

目元の手術は主に、埋没法切開法といった二重の手術、眼瞼下垂目頭切開法下眼瞼下制術(たれ目形成)、目尻切開といったところでしょうか。
また、涙袋のヒアルロン酸注入も目元の印象を変える良い方法です。
選択肢が沢山あるので迷ってしまうと思いますが、それぞれの効果や特徴を一つ一つ説明していきますね。

まずは、もともと一重という方に最も効果的な方法といえるのが、二重にする手術です。一重の方は上まぶたの皮膚がかぶって黒目の見えている範囲が狭いため、目が大きく見えません。これが二重になるだけで被っていた皮膚が上に引き上げられ黒目が大きくパッチリ見えるようになります。また、もともと二重の方でもちょっと二重幅が広くなるだけで、より華やかな印象に変化します。
二重の方法は大きく分けて二種類です。糸で留める埋没法は手軽で腫れの少ない手術です。また、しっかりととれない二重がご希望であれば切開法がお薦めです。
どちらが優れているというわけではないので、それぞれのメリット、デメリットをご理解の上で、ご自分に合った方法を選択されるのが良いでしょう。

ただし、もともと目を開ける力が弱い方もいらっしゃいます。眼瞼下垂という状態なのですが、このような場合だと二重の手術では不十分で、二重になったとしても黒目がパッチリ見えず眠たそうな印象になってしまいます。これを解消するために、眼瞼下垂の手術では、目を開ける筋肉である眼瞼挙筋を縫い縮める処置を行います。この眼瞼下垂の手術をすることで、もともと目を開ける力が弱い方でも黒目が大きく見えるパッチリ二重を作ることが可能です。

次に目頭切開です。手術の方法は、目頭に覆いかぶさっている皮膚の部分、蒙古ヒダを取り除きます。この蒙古ヒダによって目が小さく見えるのですが、目頭切開をすることで横方向に目が大きくなります。それと同時に両目が近づいた印象になるので、目が離れているのが気になっている方にも非常に良い適応です。

下眼瞼下制術(たれ目形成)の手術を特にお薦めしたいのは、つり目で悩まれている方です。つり目は目が細く小さく見えて、周りにはきつそうな印象を与えがちです。
この手術では、下まぶたの外側約半分程度の範囲を下方向に引き下げます。それによってたれ目の優しく可愛らしい印象になり、さらに白目の見えている範囲が広がるため目が大きくなるのです。

そして、目尻切開です。手術の方法は目尻側に数ミリの切開を加えて、白目の見えている範囲を横方向に広げます。その効果は印象を切れ長で大きな目に変えるというものです。ただし、効果が少なかったり、多少後戻りする可能性があるため、目を大きくする手術の選択肢の中では、どうしても優先順位が後の方に来ることが多いといえます。

最後に、涙袋のヒアルロン酸注入です。下まぶたの涙袋の部分にヒアルロン酸を注射し、涙袋をヒアルロン酸で膨らませて大きくするという施術です。これまで説明してきた手術とは違って、実際に目が大きくなるわけではありません。しかし、目の下の涙袋が大きくなることで、目の周囲を含めて目元とみたときに縦方向に大きくなった印象になります。幅が狭い二重を広い二重に変えるとパッチリ見える、という現象と似たような仕組みだといえます。

いかがでしたか。
一口に「目を大きくする方法」といってもこれだけ沢山あることがお分かり頂けたと思います。
もちろん患者様によって、向き不向きや手術適応の有無があるものです。美容外科医としてはおひとりおひとりをしっかり診断して、どのような施術をご提案するが腕の見せどころだと思っています。

この記事でとりあげた目の施術について、詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
>> 目・二重の施術(水の森美容外科 公式サイトへ)

この記事で解説した目・二重の施術について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
目・二重の施術ページ】