1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 総院長 竹江渉のコラム
  4. 「正義は勝つ」

「正義は勝つ」

「正義は勝つ」誰でも聞いたことがある言葉ですね。
今回はこの言葉の意味を自分なりに深く考えてみました。正義を貫きとおすということはとても大変なことで何事にも揺るがず自分の正しいと思う信念を貫きとおすことにあると思います。
その結果、勝利あるいは成功、幸せを手にいれる事が出来るのではないでしょうか?

人間は誰しも楽をして物を手にいれたいと思ってしまいます。
そのため悪いことだと分かっていても過ちを起こしてしまうのです。今の世の中を見ているとそのような事例が溢れかえっています。
ニュースなどを見ていても企業が謝罪しているシーンや詐欺商法などがしょっちゅう目にはいってきます。企業に関していえば本来消費者にとって有益となる物を提供しなくてはいけないのに消費者を欺くようなことをしていたりします。僕らがニュースで見ているのは氷山の一角にすぎないと思うとゾッとします。
これは企業が己の利益の追求しか考えておらず悪い事だと分かっていてもおかしてしまうという弱さからくるものだと思います。
つまり正義は分かっていてもそれを貫きとおす強さがなかったのです。詐欺商法に関していえばよほどの馬鹿でないかぎり自分のやっている事が正しくない事など分かっているはずです。でも目先の甘い汁に目がくらみたくさんの人を傷つけたりしておいしい思いをしようとするのです。私はこのような人達は正義を貫きとおすことの出来ない弱い人間の集まりだと思っております。
このような人達がえたお金や幸せは一時のものであり長くは続きません。

仕事においても人生においても正義を貫きとおすということはとても大変な事です。私自身日常の中で人を傷つけてしまったのではないか、正義に反することをしたのではないかと深く悩んだりします。反省を繰り返しながら己に強くなり正義を貫くことを努力します。
生きている限り常に相手が存在します。「相手に対してまず自分が苦労する事を選択出来るか」これが正義を貫いていくうえでの根底にあると思います。正義を貫いていく過程ではつらく大変な事や損をする事も多々あるでしょうが最後には笑えると信じております。
悪い事をしても正しい事をしても最後は自身に返ってきます。
本当に自分自身の幸せにつながる成功を手に入れたければ途中つらくても正義をつらぬきとおすことなのだと思っております。