1. TOP
  2. ドクター診療日記
  3. 総院長 竹江渉のコラム
  4. 「Give & take」

「Give & take」

私の好きな言葉の一つにGive&takeという言葉があります。
これは、相手に何かを与え、そして何かを返して頂くと言う意味のものです。
ただし、この言葉の重要なところはgiveが最初にくるということです。
まずは、相手に何かを与えてあげるのが先であるという事です。
何かをして貰ったから、何かを返すという考えでは、take&giveになってしまいます。
見返りを気にせず、まず相手に何かをしてあげられるという事で、結果として相手から何かが返ってくるという事なのではないかと、私は解釈しています。

この考えを私どもの仕事に置き換えて考えてみるとします。
私どもの仕事は、まず患者様から御料金を頂いてから治療にあたるシステムになっております。すなわち患者様からのtakeが先に来てしまうのです。
では、giveを先にお渡しする為には何が出来るのでしょうか?
それは、初めの無料カウンセリングや無料メール相談なのではないかと思います。
無料カウンセリングや無料メール相談は、私どもが無償で患者様にしてあげられる事です。
この無償で何かを与えることが出来る無料カウンセリングや無料メール相談で、どれだけの事をしてあげられるのかという事が非常に重要な事だと考えております。

又、Give&takeの考え方にはもうひとつ重要な点があります。
それは必ずしもgiveを与えた人間からtakeをもらうものでなくても良いという事です。
見返りを期待して何かをしてあげるというのは、ちょっと嫌らしい気もします。
普段から人に対してgiveを与えるような行為を行なっていれば、巡り巡って色んな所から予期せぬtakeを受けたりする様になってきます。
当院においても、たくさんの患者様が来院されるなかで、当院がgiveを与えたからといって、すべての患者様が、私どもにtakeを与えてくれるわけではありません。
話だけを聞いて終わる患者様も多数いらっしゃいます。
しかし、親身になって相談に当たった患者様が、仮に何の治療もされずにお帰りになったとしても、当院での体験談を回りに伝えたりしてくれることで、目に見えないところでたくさんのtakeを頂いているはずなのです。

私は、このようなgive&takeの考え方が大好きです。
仕事だけではなく、普段の生活からこのような考え方で人接する事で、気付かないところで自分の人生はとても充実したものになっているような気がします。

よく耳にするgive&takeという言葉ですが、こう考えると、とても意味深く非常に良い言葉だと思います。